不思議な多面体が我が家にやってきました。

Polyhedron – 1512X

内林武史さんの2014年の作品です。

この立体、なんと、画像ではわかりませんが、
音を奏でます。

石とも金属とも判別がつかない表面の多面体が音を奏でるのは
なんだか不思議で、
古代ケルトゆかりの石のモニュメントとか
2001年宇宙の旅に出てくるモノリスとか
人智を超えた超自然的な何かを思い起こさせます。

TOKOの所有物ですが、このたび内林さんの許可を得て
12月のギャラリーカドッコのBGMを奏でてくれることになりました。

気になる方はこちらもどうぞご覧になってください。